路傍たたずみ見つめている

通天閣をあおぐ生活をおさらばすることになり、
路傍たたずみ見つめている でブログを続けます。
近日ブログ「通天閣あおいで野宿いきる人」閉鎖します。
[PR]
# by juntyandes | 2006-10-31 06:31

小屋を捨て町に出よう!

そんなこんなで、天王寺公園を出て行くことになった。
いつもさしせまらないと何もしない、試験前の一夜づけに始まり、流されての生活が長く、前もって計画を作らなかった。

私以外の「誰もいなくなった」・・・それから自分がどうしようか考え始めた。
私一人でここにいても風当たりも強くなるばかりだ。今までも「NO WAR」という掲示で論議し、最後に「何があっても知らないからな」という人もいた。
夜間人目がない場所だけに、仲間がそばにいないと怖い。

ここから移動しなければと荷物を整理していると、その荷物の多いこと、いらない物つかってない物の多いこと。改めて自分自身が小市民になつていることを自覚した。

2000年春に天王寺公園にシートを張って定住しはじめてからだんだん立派な小屋になってきた。最後は木造の住宅が三棟で、書斎と寝室とシャワー設備まで作った。

私が野宿を始めたころ、小屋がけではなく毎晩寝る場所を探して歩きまわっていたとき作った「よりよい生活をめざさない生き方」という句がある。現在の私はその句と反対の生き方になっていた。

そこで生活を変えよう、初心へ帰ることにした。
定住はやめ、小屋を捨て町に出よう!ということだ。

通天閣あおいでの空の広い一等地の生活は良かったけれど、また別の「幸福」を見つけに行く。小屋を捨て町に出よう! 新しいブログで次の人生を書いて行きます。路傍たたずみ見つめている
[PR]
# by juntyandes | 2006-10-28 00:57

10月22日通天閣あおいで お茶を飲む会⑥ 報告

10月22日とつぜん非戦ディーお茶を飲む会⑥ 

10月22日通天閣あおいで お茶を飲む会⑥ 報告
盛り上がったお茶会になった。
最後となり、久しぶりに顔を出してくれた人もあったが、私がパホォーマンスで夢中で話もせず帰られた人もあった。
私の朗読に、福森さんのフルート、大和川レコードさんの鍵盤ハーモニカ、谷川さんのディジュリドゥが合わせてくれた。

福森さんの所属する劇団態変のスローガンを、細切れにしてダンボールの短冊書いて、道に点々と置いた。
その短冊を一つずつ踏みながら声に出してよんでいった。
「われら表現者は」「戦争放棄」「徹底」「非暴力の」「道を往く」
その次は倒れこむように短冊に手をついて声を出した。

「反戦文庫」の店を拡げていた木村さんが柔道の受身をしながら短冊を呼んでいった。
動き方を変えて二人で何度も短冊を読んでいった。

委細後日。
[PR]
# by juntyandes | 2006-10-22 22:48

10月22日とつぜん非戦ディーお茶を飲む会⑥ 

10月22日通天閣あおいで お茶を飲む会⑥
さみしく最後のお茶会をしようと思っていたのだが、
縁があちらから確か方角としては東、西からも来て、その縁と縁が私の前で結ばれる(大げさ言い過ぎ饒舌)こととなり私は神となったのだ。
その私が神になった記念としてとつぜん非戦ディーを強攻することになった。

しかも、もしかして、都合あえば、体調突然悪くならなければ、○○さんがくるかも知れず。
いまから興奮していて饒舌になっている私である。
その○○さんとは劇団「態変」の福森慶之介さんです。イッヒヒ
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
通天閣あおいで お茶を飲む会⑥
10月22日 PM1時から4時まで
天王寺公園内 たちばな庵
この時間には橘安純が在庵します。
私は気が向けば随時、詩の朗読などするつもりです。
あなたのパホォーマンスも見せて下さい。

庵を閉じますので、本、炊事用品などさしあげます。
詩集やダンボール短冊など販売します。

たちばな庵の場所 天王寺動物園入り口広場から階段を上り、美術館へ向かう途中のフェンスの一画、ただ1軒残る小屋。
[PR]
# by juntyandes | 2006-10-19 06:47

通天閣あおいで お茶を飲む会⑤10月8日報告

差し入れ7件 訪問者25人以上

12時から天王寺公園のJR駅側の入り口近くの露天で寝ている二人を交えて「そうめん」の昼食、彼らに私の自転車や寝袋をもらってもらう。

とつぜん二人の若者が来て、大阪教育大学の学園祭で上映する映像に出演依頼される。去年ここの学園祭でパホォーマンスをした。

「ほうきぼしブラザース」がくる。久しぶりに会う、今年の春に彼らと一緒に歌と朗読の舞台に上がった。それ以前、半年ワークショップをおこなったのだ。今日は車椅子にのった3人と介護の人たちが来て、上田かなよさんとワークショップが「たちばな庵」前で行われる。
10月29日に東京での公演があるのだ。私のことを題材にした詩を朗読してくれる。

私はその間、なんどか朗読したり、箱男のパホォーマンスした。そんな様子を近くで佇みながら覗いていた人から、現金のカンパをもらった。

「ほうきぼしブラザース」が帰ったあとは、のえさんが弾き語りをしてくれる。芳井さんもギターの弾き語りをする。
暗くなった頃、白人グループが来て女性が「ヨーロッパの民族音楽」を歌う。のえさんと女性たちは意気投合したようだ。
男たちはバケツや鍋でリズムをきざむ。
私も箱男の歌をうたう。

今日は多くの人が来てくれて、私の冊子も売れて、気持ちのいい日になった。
ふだん会えない人が、わざわざ足をはこんでくれたことがありがたい。
[PR]
# by juntyandes | 2006-10-19 06:43

10・16 PM8:37 まだ天王寺公園にいる。

昨日のお茶会、盛大になった。この件改めて記載。
今月中には公園から出て行く気になっている。
10月22日にもお茶会をします。
[PR]
# by juntyandes | 2006-10-16 20:44

10月15日通天閣あおいで お茶を飲む会⑤やるよ

日曜日ごとのお茶会は続けますが、呼びかけて集まってもらうのは最後になります。
また10月29日(日曜日)は出かけるところがあるのでお茶会できません。

「ほうきぼしブラザース」がやってきます。のせれば歌ってくれそうです。
今年の4月、私は「ほうきぼしブラザーズ」と一緒に朗読と歌の公演をした。
その車椅子の仲間が来てくれる。
私も「ダンス箱男」をやります。
また当日、通行人があまりにも多い場合は小屋前でのパホォマンスは中止する可能性もあります。

来訪先着20名に、限定粗品進呈。(pm1:00より配布)
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
通天閣あおいで お茶を飲む会
毎日曜日PM1時から4時まで
天王寺公園内 たちばな庵
毎週この時間には橘安純が在庵します。
私は気が向けば随時、詩の朗読などするつもりです。
あなたのパホォーマンスも見せて下さい。
あたたかいお茶の準備だけはしています、差し入れがあれば有難いです。

詩集やダンボール短冊など販売します。

「たちばな庵」撤去までの日曜日 (除く10月29日) 

たちばな庵の場所 天王寺動物園入り口広場から階段を上り、美術館へ向かう途中のフェンスの一画、ただ1軒残る小屋。
[PR]
# by juntyandes | 2006-10-11 07:00

10月10日PM3:35 まだ天王寺公園にいる。

今日、午前中 隣人は自立支援センターへ行った。
食パン一枚、即席ラーメン一つ、一杯分残ったインスタントコーヒー、コップ二杯分入るステンレス魔法瓶、目覚まし時計、椅子、ロウソクたて、カーテン生地で作ったアルミ缶入れの大きな袋。
そんなものを、私に残して、新しい生活に進んで行った。

彼の小屋は、まだ建ったままだ。経費の問題もあり、私の小屋と一緒に壊すと言っている。
最後の一軒として残ればカッコつくのに・・・・・

告 15日お茶会 盛大にします。
来場先着20名に、限定粗品進呈。
[PR]
# by juntyandes | 2006-10-10 15:53

通天閣あおいで お茶を飲む会④ 10月8日報告

差し入れ4件 訪問者10人

またまた連休、9月の連休よりも人出が多い。動物園の入場券を買うのに列を作っている。今までは無かったことだ。
新世界の串カツ屋はどこの店も列を成し、まずいとの評判の何時も閑古鳥のたこ焼き屋にも列ができている。

病院から来てくれていたNさん退院してきた。何時もアンパンだったが今日は「経腸栄養剤」の缶詰の差し入れがあった。

久しぶりに顔をだしてくれたTさん以前はよくここに訪ねてくれて、就職活動の話をしてくれた。一時は、郷里に帰り親族の支援で部屋を借り、就職活動したが、願いかなわず。また大阪に戻りガードマンになった、しかし肩が悪いことで続けられず。もう軽作業しかできないと、高齢者の掃除の仕事の収入だけが頼りでシェルターに泊まっているそうです。

谷川さんのディデイリジューディジュリドウと私のホースでセッションした。
そのディデイリジューディジュリドウに興味を持って色々質問を始めたのは、バイクできたHさんだ。Hさんは薬物中毒者のケアボランティアに関わっていて、そのつながりで私が「寂庵」の取材を受けたことがある。またお菓子、和菓子を作るのが好きで、その差し入れをしてくれる。そして私もHさんも舞踏の「大駱駝羅漢」(こんな表記でいいのだろうか?不安である)は見に行くが、私がすきなコンテンポラリーダンスにHさんは批判的だ。

4時ごろになってやっと女性が二人きた。差し入れの焼酎を飲んで「反戦アンデパンダン詩集」を読みだした。何時もより感情を込めて、大きな声が出ていた。最後の方では声がかれぎみになり、気力も無くなってしまったが。
何時もは通り過ぎるだけの通行人を相手にしているので、聞いてもらえてるという気がしないのだが、今日はそこの椅子に座って聞いてくれる人がいる。まして彼女は私の朗読を聞いて目を潤ましていた・・・ような気がしたのだが・・・。

Nさんが始めて私の小屋に来てくれた。いろんなところに出入りしている人で、長居公園にテントを張っていたこともある人である。「出て行くことはないよ」と言ってくれた。

四国のUさんが京都に住む息子さんの結婚相手の実家に挨拶に行った帰りに寄ってくれた。Uさんとは四国八十八ヶ所遍路を通じて知り合い、休日に大阪に来ては私たちに接待をしてくれる。今日も晩飯をおごって貰い、お小遣いを貰ったのだ。早々
[PR]
# by juntyandes | 2006-10-09 22:44

10・6PM10:48 まだ天王寺公園にいる。

10月5日2所帯でていかされた。
現在二軒残っています。

その一軒は来週、自立センターへ入るようです。
その後に私だけ残るようです。

大した攻勢もないのに、みんな出ていかなければならないと思ったようです。
主に二名の公園当局の口頭による話が10月2日に向けて、何度もありましたが私は対応していなかったのですが、まともに話を受け入れた人が多かったようです。そのことに最後に気がつきました。

10月8日のお茶の会は支障なくできると思います。
10月15日のお茶の会は何とかやるつもりでいます。
それ以降は、今まで以上の攻勢があれば私も退去する可能性はあります。
なにしろ「移転するところを紹介してください」と私が言えば公園当局の人は「立場として、そういうことはいえません」という会話だけで、私に対して退去しなさいという話はなかったのですから。これから話し合いに来るのでしょう。攻防するつももはありません。

今回の撤去では日付のきった文書は出されていません。
例年行なわれてきた消毒清掃名目の(一時)撤去では、日付のきった文書が毎回、1週間前2週間前ぐらい二回出されていました。
今回は7月に出された「公園工事のおしらせ」(しかも予定でしかない)という文書だけでこれは撤去の文書ではありません。
今回の撤去は例年行なわれてきた撤去とは違い、個別に約束を取りつけ追い出したことになります。
[PR]
# by juntyandes | 2006-10-06 23:32