新宿西口地下反戦意思表示

いつも情報を送ってくれる加藤千代さんがこんな写真を送ってくれました。
私も東京に行くときは顔をだす、新宿西口地下反戦意思表示(毎週土曜日夜6時から1時間)の様子です。
毎週続けられていることに驚かされます。この集まりは会うと元気になる大木晴子(おおきせいこ)さんが呼びかけています。
明日も晴れ 大木晴子のページ  http://www.seiko-jiro.net/

加藤千代さんは最近、ナチス時代を描いたドイツ映画の主演女優にインタビューした記事を書きました。
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』という題名の映画で、これは実話 です。ナチス政権に対して、非暴力のレジスタンスを行い、処刑された若者たち、「白バラ」のことを描いた映画です。このインタビューは映画雑誌「シネ・フロント」1月号に載せられます。
以下加藤さんのメールから
『ナチスの弾圧の様子を知れば知るほど、最近の妙法寺のお坊さんの逮捕、立川自衛隊官舎ポスティング有罪判決などが、重なって見えてきて、怖くなります。ナチ時代の再来とならないよう、そこまでひどくならない前に、なんとか暴走を食い止めたいものです。』
シネ・フロント(映画雑誌) http://cine-front.co.jp/
キネティック(映画配給会社 映画のストーリー、スチール写真などが紹介されています)
http://www.shirobaranoinori.com
白バラの庭(白バラについて紹介したHP。参考文献も載っています)
http://www.weisserose.vis.ne.jp/

b0045850_3103358.jpg

[PR]
by juntyandes | 2006-01-08 02:28
<< 初めての自宅公表 冷蔵庫に住む正月 >>