<   2004年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

久しぶりに仕事

10月25日月曜日
 イベントが終わり二週間仕事を休んだ。イベントが土曜日で、日曜はさんで月曜の朝、目が覚めて仕事に行くつもりでいたが、ぐずぐずしているうちに、八時始業の10分前ぐらいになって、仕事に行くつもりがなくなり、横になり寝た。
 それから、次の日は雨が降り、また仕事に行きそびれた。怠惰な生活になり、仕事に行く気にならなくなった。それが二週間になった、蓄えがなくなり、やっと仕事しなければとなった。
[PR]
by juntyandes | 2004-10-25 22:15

台風 雨の一日

10月20日水曜日
 台風来ていて、雨降り続く。やることなくて新世界の国際シネマに映画を見に行く。映画館から一時外出して豚丼を食べる。映画館に戻ろうとしたが、外出の札を無くしていて、そのまま小屋に帰る。雨が大降りだった。
 夜の7時頃から雨が上がり、風が吹き出す、9時頃からは突風が吹いてくる。
 通りがかりだと、U・Kさんが声をかけてくれる。元気が出る。
[PR]
by juntyandes | 2004-10-21 21:08

雨 一日部屋に閉じこもる

10月19日火曜日
 今日は朝から雨が降り続く、また台風が来ており、秋雨前線がしげきされ雨が降る。雨が降ると、少々の雨なら良いのだが、降り続けると、だんだん雨漏りする。それで普段は光を通すために開けているシートで屋根を覆う。足元は元々道路の端に小屋を造っているので、雨水が流れるようになっている。
 また、朝から寝ていた。夕方になり起き上がり、漫画喫茶にインターネットしに行く。雨の中。
[PR]
by juntyandes | 2004-10-19 17:56

日差しの中ウツラウツラ夕方起きだす

10月18日月曜日
 一週間仕事休んだ、今朝から出る予定だあったが、出勤前にグズグズしていて、そのまま寝込んだ。昼間明るい暖かい日差しの中ウツラウツラしながら、夕方から起きだした。だから書くことは特にない。
[PR]
by juntyandes | 2004-10-18 22:04

晴れきった暖かい秋の一日

10月17日日曜日
 今日はボケット一日過ごした。午前中コインランドリーで洗濯して、小屋で干した。新聞読んで、少し部屋の片付けをしてボケットした。
 日差しを受けてのどが渇いたので、コンビニでジュースとパンを買い食べた。すると腹がふくれ眠くなった。そのままベットに横になりそのうち寝ていた。
   
[PR]
by juntyandes | 2004-10-17 19:47

あっちこっち顔を出し夜はライブ

10月16日
 スリーシーズン用の寝袋のファスナーを閉めないで寝ていたら寒かった。まだ夏仕様の小屋なので、隙間風が大いに吹き込む。例年、寒くなりかけは耐寒訓練で、我慢できるまで薄い寝支度だ。
 今朝はブログ開設のため、漫画喫茶でPCいじっていた。すぐ終わるつもりが、夢中になり、五時間もいたことになる、三時間パックにしていなかったので、利用料金は1900円になった。

 よい天気だ、気持ちよい、青い空に、白い雲浮かぶ。動物園にいく子供連れで道はいっぱいだ。この道の幅をわざわざ半分にしている。公園を檻の中に閉じ込め、秋の紅葉、春の桜、公園の中に入れなくても、通路を歩きながらのんびりしたいものだが、通勤ラッシュのようで・・・。

 午後から「住吉元気まつり」に行く、去年は展示販売したけれど、今年は見るだけだ。模擬店、フリーマーケットがあり、ステージが二ヶ所に組まれライブが行われている。
 気になったのはイラク写真展、そしてコマイナーズという音楽ユニットだ。うんこが怖い、脳みそ二つかき混ぜて多重人格できあがり、尿瓶が空を飛ぶ。そんな歌詞を歌うユニットで本職はヘルパーだそうだ。
 もう一つ、大和川をこれからどうするかというコーナーで「大和川をトンネルで流してその上に、戦争で困っている人々の家をつくる」という答えがあり、すばらしい回答だと思った。

 そのあと、太子交差点そばの百円領事館の三階でやっている、「もじろう会」に、本当は一時半からだけど、終了30分前の三時半に着く。今日はお医者さんが来ていてボケの話をしていた。

 夜になり、フェステバルゲート8階のブリッジのライブに行く。始めて来た。高いむき出しの天井、空調ダクトが走り、天井には大きな羽の扇風機がある。舞台と客席は同じ高さで、長机で使うような椅子を並べている。
 踊り子のあなるちゃんを見に来た。照明は舞台奥行きの中ほどに固定されているのに、あなるちゃんは客席の近くで踊るから姿が暗くなつてしまっている。時間が押していて中途半端で終わったみたいだ。
 「溺れたエビの検死報告書」面白かった。パーカッション中心で親玉が弦をはじいていた。衣装が奇抜であった。エビに似せた仮面をかぶり、演奏中に頭を動かすのが、人間以外の動きで面白い。
[PR]
by juntyandes | 2004-10-16 22:47

歩き始めようとする朝

イベントが終わり虚脱感から落ち込み、閉じこもりしていた。
そろそろ、起き上がらなければ、いつも日記は二日と続かなかった。
今日は二日分書いて、明日からは毎日が記録更新だ。

10月14日明け空にオリオンを見た
 久しぶりに飛田シネマのオールナイトで夜を明かし、5時に外に出るとまだ暗い空にオリオンを見た。そのまま、センターに向かう、久しぶりの早起き、久しぶりに街を歩いた。南海線沿いの露天は少なくなったが、どっこい萩之茶屋商店街のアーケイド下は露天でにぎやかだ。
 「現金行かないかい」声をかけられる。求人の自動車も並んでいる。私が良く行っていた、冷蔵庫の荷役の求人の自動車も来ていた。最近、立ちん坊で仕事に行っていない。

10月15日キャベツをきざんだ
 少し紺色に見えてきた東の空に金星が輝いている、やっとこの二三日明け方は寒くなった。野宿することが、辛くなってくる。
 ずっと自炊していなかった。ひさしぶりにキャベツをきざんだ。先週から買っていたが包丁が見当たらなくて、今日やっと部屋を片付けることができ、ペテナイフがあらわれた。晩飯にご飯を炊き、味つきさば缶をあけ、キャベツの外から一枚ずつはがしくさりかかった所を切り落とし、それから細かく刻み、手製のサラダドレッシングをかけた。
 この夏からイベントにむけて、それだけに関わりきっていて、部屋もちらかりほうだいだった。
[PR]
by juntyandes | 2004-10-16 10:02