<   2004年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

勝手に朗読二日目

12月30日(木)
 今日は余裕もって歩道橋に行く、時間調整に阿部野橋駅の構内にいくと、シクラメンの鉢植えなど正月用の花と一緒に、正月の飾り物などが売っていた。歩道橋を渡り、天王寺駅に行くと海産物を売っていた。これも正月用品となるのだろうか。
 交差点の東側の北に天王寺駅があり、それと国道を挟んで反対側に阿部野橋駅がある。その二つの駅ビルの二階を、かなり幅広い歩道橋がつないでいる。その歩道橋の真ん中当り、西側の手すりに背を向けて、朗読を始めた。
 朗読を続けていると、阿部野橋駅の側からガードマンが私を見ている。時間帯の問題なのかもしれないが、今日は露天商やビラ配りなど全くいない。昨日警官が来たのは、阿部野橋駅の軒下に居たのでガードマンが通報したのではないのか、そんなことを思った。
 胸をはり、左手で本を顔近くの高さに保ち、本を黙読し、視線を本から離し正面を見ての朗読を心がけた。人通りはあつたが、目線を横切るばかりで、通行人の様子は分からない。何の声も掛けられない。ただ、朗読を聞いているかのように側に佇んだ人がいたが、視線の外だったので、何が目的で佇んでいたのか分からない。
 昨日と同じように二つの本を読んだ。朗読開始の時点では青い空が多かったのに、今は雲が覆い寒い、靴は底が薄い足袋靴なので、靴底から冷えてきた。警官が来たら、こう答えようと考えていたが、とうとう終了まで警官は現われなかった。

 白装束を自転車屋に置いていたので、そこから白装束に着替え三角公園に向って歩いて行く。途中、珍しい人に会う、ずっと姿を見なかった人で、急に居なくなり心配していた。
 夏まえだろうか、就職活動を色々しながら、やっと警備会社に入ったが、仕事が続けてなくて、そんな苦労を聞いていた。それがプッンと私の小屋に姿を見せなくなった。
 結局、腰が悪いこともあり、その警備会社は止めて、たまの現金仕事で喰い繋いでいるそうだ。

 三角公園周辺は随分にぎやかになっている。便所の側でチヂミをやいている。「ふるさと」前で衣類などのバザーをしている。アルミ缶などを買い取る仕切り屋にも多くの人がいる。そして、そこここで男たちが話をしている。
 今日は三角公園便所の向いシェルターを背に朗読を始める。まず観音経を25分程で読む。それから「寄場の冬」を朗読する。言葉一つ一つに反応して、同感してくれる。私の前ガードレールに寄りかかりながら話をしていた人々も、自分たちの話をしながらも、要所で「そうだ、そのとうり」などと言ってくれる。
 弱い面、なまけものの面を読むと笑ってくれる。途中で話し掛けられ、朗読を中断して、その人の話しを聞いた。その人が10円玉をくれたので「野宿生活春夏秋冬」の朗読用の原稿をさしあげる。
 こうゆう場所で読む機会を多くしなければと思った。話が長く成りすげた、夜も更けた、今日は終わりにしておく、また明日。
[PR]
by juntyandes | 2004-12-31 06:27

朗読予定

●12月29日から2005年1月3日まで 「かってに朗読」
   AM10時からAM11時まで 阿部野橋歩道橋上 「かってに朗読」「反戦アンデパンダン詩集」を中心に、非戦平和をテーマとした朗読
PM2時からPM3時まで 西成区萩之茶屋三角公園付近 「かってに朗読」「野宿生活春夏秋冬」を中心に、寄場、日雇、野宿の関する朗読
いずれも、この時間帯には必ずそこに居るということで、きまぐれで前後の時間にも朗読しています。また他の場所、周辺で朗読していることもあります。
●2月11日(金・祝) 12(土)  鉄腕ポエム vol.6
~東京の超人気朗読集団、鉄腕ポエム、ついに大阪初登場~
 ココルーム 19:00 start \2000+1drink
11日 出演者:近藤洋一 桑原滝弥 ハギー・イルファーン ジュテーム北村 楠木菊花 橘安純 亜子米 豊原エス chori
12日 出演者:馬野幹 西野智昭 稀月真皓 ジュテーム北村 今村知晃 横山千秋 藤坂萌子 小笠原淳 鈴木陽一レモン
※18:00~19:00 オープンマイク制限時間5分(※オープンマイク参加者にも\2000+1drinkを負担して頂きます)
(info)近藤洋一 hitorinisitekurenaika@yahoo.co.jp

●ココルーム
 大阪・JR新今宮駅から見えるフェスティバールゲート4階
 電話06-6636-1612 htpp://www.kanayo-net.com/cocoroom/
 ●ホームページはhttp://hexageon.cool.ne.jp/ikiru/ikiru_index.html
ただし、友達に創ってもらったままなので、更新などしていません。
[PR]
by juntyandes | 2004-12-30 15:48

街頭朗読始める

2004年12月29日(木)
 自転車屋にいて、出かけようとすると、待っていた灯油販売の車が来た。でも一個分しかないと、残りの二個のポリタンクを車に乗せ、灯油を取りに行った。
 久しぶりのシトシトと雨で、歩いて天王寺公園の小屋まで行こうと思っていた。しかし時間がなくなりカッパを着て自転車で小屋に帰った。急いで小屋で支度をして、誰か路上朗読を聞きに来ていたら、初日から遅刻してはいけない、と急ぎ阿部野橋歩道橋に10時10分ごろ着いた。(誰も来ていない)身支度し、さて朗読しようとすると、肝心の詩集を持って来ていない。
 急きょ、小屋に詩集を取りに出直すと、10時30分になっていた。歩道橋の近鉄デパート入口の軒下は雨を避けられので、そこで朗読する。「反戦アンデパンダン詩集を読む」というゼッケン様のものを胸に付ける。天王寺駅ビルに向かい朗読を始める。
 詩集の前文「発刊にあたって」を読む、次に本文前の路上朗読の続きを読んだ。何人かの詩を読み、朗読開し45分をめどに「私たちはいま、イラクにいます」という写真と文の本を読む。
 そうしてこの本を殆んど読み終った時、警官が来た。「今、警戒しています。何をしているのですか、・・・・・・・止めて下さい」ちょうど本は読み終わり、朗読開始一時間経っていたので、またカッパを着て、小屋にもどった。

 昼過ぎ雨は上がった。今度は白装束の遍路姿になる,白衣の後面には「地球にねる」と書かれ、襟には「それなりの一生懸命なまけものとは言わせない」と書いてある。
 1時30分天王寺公園の小屋を出発して、公園内の二ヶ所で般若心経をあげる。何れも、仲間がそこで死んでいる。それから動物園前商店街を通り、小さなお地蔵さんに経をあげ、猫塚で神社参拝と阿弥陀さんに経をあげる。それから、三角公園の一角のある地蔵で、それまで略式で暗誦したが、ここでは経本を出し勤行をした。
 午前中の雨で炊きだしは中止になったこともあり、また年末のイベントはなく、思いがけず三角公園の野外ステージは使用していなかった。それを良いことに、そのステージ上で朗読することにした。
 公園の中、ステージの上から右手に何軒かのテントがあり、大なべも見える、炊きだしをする施設だ。前方には野宿小屋がある。左奥は公衆便所で、その前に公衆テレビがある。焚き火を囲み人が集まっている。
 ハッキリしたプログラムは作っていない。そこでまず、観音経を読む、般若心経に比べ長いお経で、なかなか読めないこの機会に読んだ。次に森ひろしさんの詩を幾つか読んだ。それから「野宿生活春夏秋冬」を読み始めた。
 公園内にはチラホラ人がいたが、近くに聞きに来る人はなかった。ステージの下で車イスの人が聞いてくれて、百円玉をさしだす。私は困惑したが、百円玉を受け取り朗読を続けた。朗読が終わりステージを飛び降り、お礼を言う、良く聞いてくれました。あまり良く聞き取れない声だが、良かったと言い、涙さえ流している。
 その後、同じ詩を何回か繰り返し、最後に「私たちはいま、イラクにいます」を読み。その日の一時間のステージを終った。
[PR]
by juntyandes | 2004-12-30 15:42

読歩から狛犬へ

2004年12月26日(日)
PM2時から神戸1roomで読歩PROJECT(視覚障害者と晴眼者によるアート体験ツアー)に参加し折り紙を折った。
それからPM6時からのCOCOROOMの狛犬な夜というライブに行った。コマイナーズはヘルパーをしながら音楽活動している人達で、仕事での出来事をあからさまに、ときに飛躍して歌っている。
[PR]
by juntyandes | 2004-12-26 22:22

アートキャバレー♯4に行く

2004年12月25日(土)クリスマス
 大阪のフェステバルゲートのダンスボックスでダンスのイベントがあった。
 昨日はアートキャバレー♯4というイベントに行く、「クリスマスにちなんだデュオのパフォーマンス。この日限りのスペシャルユニットが続々出演。」ダンスの公演だ。
 「カラオケダンス」というコーナーにココルームの上田假奈代さんと飯島秀司がバックダンサーをするので見に行く。
 前半は上田さんはいなかった。飯島さんを含め12人、うち男が3人、どの人も白っぽい私服だ女性はスカート、男は半ズボン飯島さんだけはながいズボンであった。
 舞台中央にカラオケのモニターが置かれる。「キューティハニー」「ホテル」をそれぞれの人が歌い、バックダンサーが踊りまわる
 休憩をはさみ飯島さんはココルームに歌いに行く、代わりに假奈代さんが白っぽい振袖を裾を少し引きずる感じで加わる。足元、白い足袋。頭、左の耳の近くに白い花をさす。
 ダンスが終り後半のカラオケが始まる。「ダイヤモンド」が歌われる。假奈代さんは振袖の足元ばたつかせ脚をちらつかせる。寝っころがり太ももあらわに、ころげまわる。
 「マイウエイ」「三年目の浮気」「トップザワールド」と曲が進むと、スカートを脱ぎすてた人がいる。だんだん脱ぎ出す。假奈代さんも帯を解いた。「東京ブギウギ」假奈代さん前をはだけ踊っている。さらに着物を脱ぎすてる。紺のブルマと胸はピカピカ光る生地が胸を被う。手に持つ扇がいろっぽい。最後は「2億4千万の瞳」を振りもつけて、思い入れたっぷりに歌っていた。
 
[PR]
by juntyandes | 2004-12-26 07:54

ついに裸で朗読

2004年12月24日(金) クリスマスイブ
 昼間、気温がとても低く感じられた。それで、今晩のオープンマイクでは寒い詩を読むことにした。それならば、それにふさわしい寒い格好で朗読しようと思った。
 昨日ボンボンサーカスというライブを見に行った。そこで劇団態変の有志3人が踊った。その中の一人エエト、フルートを吹く○○さんを見たとき、その横からのシルエットが美しいと思った。お尻が突き出て、背骨は腰骨の前の方から立ち上がっている。そして異様に細い足首、細い脚。鍛えられた動きがあるから美しいのか、体形など大したことではない。
 大阪フェステバルゲート、ココルームのPPPPCBNの舞台にパンツ一枚で飛び出した。
 「今晩は橘安純です。前回のオープンマイクは人が少なくて、今日は女性が多くて・・・・、今日は寒いので、この寒々しい次々と閉店続くフェステバルゲート、ちらほらと雪でも降りそうな、ココルームだけが熱気(注)つつまれ。今日は寒い詩を読むので、感情表現の下手な私は寒い格好で詩を読ましてもらいます。大丈夫です。パンツ二枚はいているのでチンポコはちぢこもっているし、はみ出ることはないと思います。」
 笑いは十分にとれた。つかみはOK、詩の朗読を始める。
●仕事がなくなって
仕事がなくなって
人間の臭いが満ちてくる
たちん坊はあっちこっち走りまわる
はねとばされる人、きりすてられる人
おかゆの炊き出しに、長~い列・・・・・・長くなるので詩はこれぐらいで。

 今年7月から詩の朗読を始めた。最近ライブで音楽や踊りなどを見ていると、自分でも体を動かしたいという欲求があるのがわかる。でも、はずかしいとか・・・技術がないので、訓練をしていないのだから当然だが・・・で気持ち良く表現できない。
 パンツ一枚でオーデションを受けたというミュージッシャンがいた。音楽家がパンツ一枚で・・・、私だって一応詩人の様なもの、表現者の一人として負けられない。真っ裸はではできないが、パンツ一枚なら私にもできた。
 いま朗読、パホーマンスに多くの生活をさいている。その一番のエネルギー源は「恋愛の対象ではありません」と私に言った人を見返すためである。でも客観的にみれば、それは当然のことで彼女に恨みなど持っていません。
 彼女と行動した夏から秋に、そうゆう感情がエネルギーに成ることが分かりました。今までの私の人生、何時も中途半端、途中で放り出す、逃げてばかり、そうやって日雇、野宿者となりました。
 今、私を引っ張ってくれる人がいっぱいいます。今までは、はしゃぎすぎた後は落ち込みがありました。それを愛でのりきり、今までより高い所まで表現できればと思っている。関りのできた人には愛を注ぎたい。私を愛してくれる人がいっぱいいるのだから。

 最後になってしまったが、体を動かしたいという一つの理由は踊り子の「あなるちゃん」に気に入られたいからだ。最初に彼女の踊りを見たときに気に入って、一緒に踊った。でもそのとき、そうとうビール飲んでいて、酔いに任せての踊りだった。こんどは素で一緒に踊りたい。遠いそのうち向井某の○○で共演したい。

注 この日オープンマイク参加者は二名、オープンマイクの前の開演は「すべての始まり」というドラマー四人の競演、熱演だった。はげドラムの井崎能和さんと若手の人々、おもしろかった。
[PR]
by juntyandes | 2004-12-25 09:27

アナナイ祭で朗読

2004年12月23日(木 祝)
中央公会堂でのボンボンサーカスが終わってから、中之島剣崎公園でポエトリーリーディングがあった。
河の中州の公園で周囲のビル街とは隔絶され、暗い空に星が見える、欠けかけの月が出ている。
土の広場にパオやアメリカ先住民族のテントなどが設営されている。祭りの出店や宿泊に使うらしい、舞台もテントの下だ。
ワォーと月に吼えてから「野宿生活春夏秋冬」を朗読した。
初めて月の下で朗読した。今日は気持ちが良かった。声が観客に届いているように思えた。間を感じながら朗読できた。
野外のせいか、月のせいか、良かった朗読でした。
[PR]
by juntyandes | 2004-12-24 01:41

「変態の主張」で朗読

12月19日「変態の主張」に行ってきました。
 私自身は変態だとは思っていませんが、プロデュースした大黒堂ミロさんに頼まれ「野宿生活春夏秋冬」を朗読してきました。
 途中から入場して感じたことは、もっと陰湿な隠微なことを期待し恐れていたのですが、そんなことなく明るくて仮装大会の様でした。(でも二次会はすごっかったらしい)
 ゲイバーのお姉さん風の人が多いように感じました。旧日本軍の扮装している一団。ひらひらのかわいいドレス姿の女性のグループ。セーラー服姿の男。
 縄縛りもありましたが、驚いたのは皮膚を吊るした人間ブランコです。背中の肩甲骨辺りの皮膚を四ヶ所針を通しそれをロープで吊るし、大きく揺らします。見ているだけで、痛そうですが、吊るされる若い男はわざと脚をばたつかせています。
 大阪城ホールコンサートなどのリハーサルとして使われる場所で朗読できました。また団鬼六さんと話が出来たことも、次の何かの繋がりを期待され良かったと思います。
 北でバーを経営している大黒堂ミロさんは前から私の冊子を販売してくれて、私の作品の理解者を増やしてくれています。ミロさんの視線は私ばかりではなく、寄場や野宿者の理解者でもあります。
[PR]
by juntyandes | 2004-12-20 19:08

ボンボンサーカス委細

有料のコンサートと無料の祭りがある。私は無料の祭りで朗読させてもらえそうだが、委細は不明、また前夜祭は夜明かしするらしい。どっちにしても私は会場周辺で「かってに朗読」するつもりです。 

ボンボンサーカス ラブ&ピース
 04・12・23(祝) 11:00am~8:00pm
大阪市中央公会堂(中之島)
 ¥2,500(中学生以下は、無料)

同時開催 アナナイ祭
 12・22(水)前夜祭 SYNCHEDJチーム
 場所 中之島剣崎公園
 HEMPコーナー DANCE BANDOコーナー ポエトリーリーディング HHAPPYバザール

ボンボンサーカス出演者
 アチャコ一座 劇団態変(有志一同) アクアボム ワイルドフラワーズ ニュートロン サイバイズ 内田ボブ&フレンズ バグースバンド 岡野弘幹 FUNNY BONES 桑名晴子+山本公成+長田たこやき和承 中野まり子 ゲイニンンズ9.9 山田塊也PON+SHAVDO 花&フェノミナン エセ・アフリカ ダンシング義隆DEアミーゴセブン せいかつサーカス
[PR]
by juntyandes | 2004-12-15 06:54

ボンボンサーカス

ボンボンサーカス
12月23日大阪市中央公会堂でボンボンサーカスというラブ&ピースをテーマにしたライブが行なわれる。
それと同時開催される、アナナイ祭(中之島剣先公園)に声をかけられた。そのイベントに朗読で出るつもりだが、それとは別に「かつてに朗読」という看板をかかげ、街頭朗読をするつもりになってしまった。アナナイ祭周辺で22日(前夜祭)にそれを決行します
[PR]
by juntyandes | 2004-12-13 23:14