<   2005年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東京・突撃朗読1

2005年7月23日(土曜日)

大阪から名古屋経由の夜行バスへ東京に行く。

「井之川巨さんを偲ぶ会」(飯田橋・エミエール)に潜入、主催者の一人に会費五千円払ってもらう。
以下のように私は話をした。
「井之川さんは寄場の集会に参加し、奮起させるような詩を朗読していた。詩集などに寄場の作品が掲載されていないのは残念です。寄場の詩の中に、今の政治状況の中で読むとピッタリのマヤコススキーばりの詩があり、私もこれから読み続けようと思います。」と前置きして朗読した。
●冬に向かって行け        井之川巨
冬は
ドブ川を凍らせ
水たまりを凍らせやってくる
冬は
おれたちの鼻水を凍らせ
冬は
北風のむちで
おれたちの頬っぺたをたたきながらやってくる
冬は
ものをいおうとするおれたちの唇を
ぎしぎし凍らせようとやってくる
しかしおれたちは
凍った唇を歯でかみ破ってでも
語りかけるだろう
おお
冬こそおれたちの宿敵
戦前、全協をつぶし
戦後、産別会議をパージし
いままた
右側から吹きすさぶ労線統一の雪あらし
冬は
いつだって鼻先で笑いながら
おれたちの仲間から仕事を奪っていった
湯気のたつ食べものや
温かい寝床を奪っていった
ときにはその生命さえ奪い去った
しかし
この地で死んだ仲間たちは
遠くへ行ってしまったのではない
夕映えの光のなかに
泣きわめく子供のなかに
もえさかる焚火のなかに
投げられた石つぶてのなかに
いまも死んだ仲間たちは生きている
生きて共にたたかっている
おお冬よ
試練の季節よ
おまえはおれたちにとって
またとない好敵手だ
きょうも
冬の手先たちはねらっている
望遠レンズを銃口のようのに構えなが
車のなかから
建物のなかから
春の使者たちをねらい撃ちしている
だが冬はほんとうに
おれたち労働者の熱くもえる心を
冷凍魚のように凍らせることができるか





地震でJRも地下鉄も止まる、それで歩いて新宿に向かう。バスはこないし、空タクシーは来ないし、夜6時から7時までの終了5分前に新宿西口地下広場に着く。
ここで毎週土曜日に「反戦意思表示」をしている、それにかけつけたのだ。
いきなりティシャツを脱ぎ「反戦アンデパンダン詩集を読む」のティシャツに着がえる。そして本を朗読する。
主催者等に写真を撮られる。広場と言っても天井は低く、声の帰りは良い。わずかな時間であったが気持ち良かった。
基本的には声を出さないビラをまかないということでこの行動が続けられているが、主催者もそれを打破したいらしい。
http://www.seiko-jiro.net/modules/news/article.php?storyid=360
[PR]
by juntyandes | 2005-07-27 15:03

私も大阪で同じような思いをしています。

同感いたします。もっと早くここにたどりつけばと思いまました。
22日から東京に行くので26日にはお茶を飲みに行くつもりです。
いま東征の準備で忙がしく、じゅっくりブログ見られません。
私のブログも見て下さい。あまり書き込みしていませんが。
[PR]
by juntyandes | 2005-07-19 08:32

朗読する機会をお与え下さい

2005年7月19日(火曜日)
大阪・天王寺公園の野宿小屋で生活しながら詩の朗読をしています。
主に野宿生活をテーマにした自分の作品を朗読しています。
また「反戦アンダパンダン詩集」の街頭朗読も各地で行っています。
朗読する機会をお与え下さい、会合集会等の時間を少しおさき下さい。
時間は30分程度です。
      連絡先 〒556-0002大阪市浪速区恵美須東3-4-36フェスティバルゲート4階
                                        cocoroom気付 橘安純 
                                      
●どっこい生きてる
仕事いかずがだいぶたち
すっかり仕事あきらめた
野宿しててもなんのその
どっこい生きている私です

残飯あさり炊き出しならび
いつもいつでも腹すかす
野宿しててもなんのその
どっこい生きている私です

どこでもいいさ寝るところ
ダンボールひきマイハウス
野宿しててもなんのその
どっこい生きている私です

身成風体きにしない
生きてるだけでもうけもの
野宿しててもなんのその
どっこい生きている私です

●なまけもの
なまけものはなまけもの
仕事はしないし貯金なんかない
だから遊びはしないし贅沢もできない
だから家族は持たない独り者
だけど役所の世話にならないで貧しく生きている

なまけものはなまけもの
もちろんアリではないけれど決してキリギリスでもない
女王のために働くことはないし
     社会防衛のためだといって戦争なんかしない
なまけものは夏に音楽をかなで遊びまわったりしない
     冬が来たからといって他人に助けを求めない

なまけものはなまけもの
他人の嫌がるところに住んで
他人の食べないものを食べ
あとはただただじっとしているだけ
無駄な筋肉はそぎとりふるえることさえできない
敵がきたとしてもひたすら死んだふりをするだけ

なまけものはなまけもの
いつまでたってもなまけもの
雨の多い誰もすまないところに住んで
ひたすら葉っぱを食べている
なまけものはなまけもの
決してあの人気者のコアラにはなれません

●野宿生活 夏
リヤカーが雨音を聞いている
ダンボールどろどろ布団しめった青い雨
雨あし強くなったか寝てる顔に雨粒
雨降られダンボールハウスとけた
地球に寝ているから雨降って川ん中
風邪ひいたこの雨で死んでやろうか

一つずつはずかしさ消して路上に寝る
お恵みを受けることまったく遠慮しなくなり
腹へったギラギラ太陽水をガブガブ飲む
炊き出しの長~い列 炎天だれもしゃべらない
腹くだるたまの御馳走食いすぎた

見知った顔だんだん陽にやけてきた
見知った顔だんだん疲れてきた
見知った顔だんだんしわが深くなる
見知った顔だんだん生命力がうすくなり

ごみ ほこり 汗しょんべん人間の臭い
真夜中の公園ちんぽこまるだし水浴びする

生きている星空ひとつ公園野宿
生きている星空ひとつ公園野宿
        (野宿生活春夏秋冬 部分)

●そのほか「野宿無情襲撃」とか日雇労働を詠った作品があります。
[PR]
by juntyandes | 2005-07-19 07:39

とつぜんオープンハウス

2005年7月15日(金曜日)

とつぜんオープンハウス、天王寺公園の私の野宿小屋を自由に公開します。
日時・7月16日(土曜日) 9時から12時頃まで
窓をあければ通天閣が見える。
動物園の花壇も見えて、フラミンゴが踊っている。
30分ごとに白雪姫が顔見世興行。
数少ない貴重な機会です。
野宿者の邸宅を見ませんか。

午後からメキシコのラ・マンガが私の小屋を訪問されます。
[PR]
by juntyandes | 2005-07-15 07:43