<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

重なって見えない

活動を絞込みます。
朗読に力を入れたいと思います。
冊子の発行やめます。
[PR]
by juntyandes | 2005-11-29 09:08

パホォーマンスで社会との関わりをつくる

私は以前から詩を書いていた、しかし人前で朗読することはなかった。詩集、文集などを作品の発表の場としていた。ドヤに住み日雇労働していたときは日雇労働寄場生活をテーマに、野宿してからは野宿生活をテーマに冊子を作つている。
2004年cocoroomの「ビックイッシュリーデング」という催しに詩の朗読と、それとは別にパホォーマンスをした。今まで話下手で人前は苦手であったが否応となく舞台にあがってしまった。
もともと人前で話したい体を動かしたいという欲求がありながら、根っからの性格、消極的協調性なし、で出来なかっことを年若の人に背中を押された。
自分がそんなことをしていて他人の舞台を見るようになり好きなアーチストのライブに通うようになる。そんななかから色々な関わりができ、多くの人々と交流するようになった。今50代の私に青春が来ていると思っている。

人前で初めて詩の朗読をしたときは緊張だけで、客の顔も見えず反応も分からなかった。そのあとの「ビックイッシュリーデング」でのパホォーマンスでは私の台詞忘れ等に笑いが起こった。その笑いをもらったことに、私はとても感激し嬉しく思った。その感じが、いま舞台に出たいと思う原点になっている。

冊子を媒体とした表現を長く続けてきたが、それは私の性格の反映かとても暗く一人よがりのものだったと思うようになった。社会生活のなかで自分が主張できていない分、自己主張できる場として冊子を作って来たように思う。そんな態度で作っているから、冊子の発行を評価する声は聞こえてくるが、積極的な協力者はほとんどなく、自分だけで製作発行してきた。

今、人の前で詩の朗読パホォーマンスをしたいと思っている。自分を誇れる場を求めている、他人から評価(良い)されたいと思っている。それがあるから、その場を作るために他人と関わりを作ろうとしている。
朗読パホォーマンスが私と他人との関わりを作る手立てとなっている。パホォーマンスが私と社会との関わりをつくっているといえる。でもやっぱり人付き合いは苦手である。
[PR]
by juntyandes | 2005-11-27 18:21 | イベント情報

混乱 混乱

混乱 混乱 混乱
何をしなければいけないのか判断がつかない
右往左往 右往左往
結局何もせぬまま
ケセラセラ ケセラセラ

やっぱり
飛べない私があって
ばちばちいこか風の町

きっとうまくいくさ
地球はまわって
また明日はくる

やらなければいけないこと
●部屋の整理 荷物の整理
 作業ができるように
 まず印刷している冊子の紙を半分に折る
 中略
 それからナイフで一冊ずつ切り離し
 その背にボンドをぬり背表紙をは
●富山大学での講演で話すことの検討
●メロメロポッチの朗読構成トーク内容
●ぽえ寺の朗読トーク内容検討
●金沢まで青春18切符で普通で行く行程検討
●作品整理 新作記録
●句集発行のために第一歩、作品を墨書する。
●西成萩の茶屋周辺で路上朗読を行なう
●小屋の隙間ふさぎ
●発泡スチロールをあつめて防音すきまうめ
●そうそうアトピアのための原稿
[PR]
by juntyandes | 2005-11-27 18:16

出番一番目、夜7時から 11月25日PPPPCBN

北陸遠征決定記念 緊急出演
出番一番目になりました。遅れないようにお願いします。
新ネタ披露 早変りあり
◆11/25(金)
P.P.P.P.C.B.N. cocoroom booking night
19:00start 1500円+1drink
probare(コンテポラリーミュージック)
橘安純(野宿生活パフォーマー)
アプリケーションエラー(ラップトップエラー)
稲葉健(弾き語り)

橘を見に来たと受付に言えば先着20名様、橘グッズ進呈
絶版の「句集歩く冬」、幻の「寄場詩人」や墨書作品などのセットです。
ついでにクリスマス用品も入っています。
[PR]
by juntyandes | 2005-11-24 21:22 | イベント情報

ぶらぶらと歩く

洗面器につっこんでいくような
私は無駄な動きしたり、何もしない時間が多いです。
全力は出していません、やりすぎていきずまり、つぶれる事が多くありました。
でも、最近は人とのつき合いもよくしているし、もう少し力を入れなければならないような気もします。
でもまじかな案件に係わりることで精一杯で・・・・・・・
またフラミンゴでも現れれば良いのですが・・・・・・・
[PR]
by juntyandes | 2005-11-18 07:44 | トラックバック

しんじつ恥かき日記006

2005年11月16日

仕事に行きそびれ センターへ向かう
6時すこしまえ
西の空に大きな満月
地上から角度30度にとても大きな月が浮かぶ
その月より上に薄い雲がある
月光に雲が浮かんでいる
地上にビル スーパー玉出の電飾
南海の高架が横切る

大きなバックを肩から 足取りの重い男
仕事にあぶれたのか
この時間でも手配している業者もいるが
圧倒的な人々は もう仕事にいく体勢ではない

私も何時もは4時前に仕事を決める
センターの開く5時前には決めないと仕事に行けない
たまの朝の寄場を歩いてみる

今日 仕事に行く予定であったが行きそびれた
何時も夜中に何度か起き 時間を確かめながら4時前には起きあがっている
それが今日は目が覚めたのが5時前で
目覚まし時計はかけていなかった そういえば最近目覚ましをかけていなかった
それでも起きていられたんだなぁ
いやいや 先週は月曜日に仕事行ったきりでしたし
一昨日の仕事は一週間ぶりということになる
火曜日に毎週用事があり せっかく体調整え月曜日に仕事に行っても
火曜日に体調を崩しその週は仕事に行けなくなってしまう
まあ理由付けしながら仕事行かない「なまけもの」な私である

北陸遠征が12月17日から始まることとなり
野宿には寒すぎるし金を持っていき
楽しい遠征にしたいのだが
今貯金は全くない何ヵ月ぶりに先週一万円貯金したが日曜日には全額おろした
今日はたまっている原稿を書こうと理由付けした
そういえば金曜日の大学でのパホォーマンスの準備もなにもしていない
またまたそういえば来週はココルームでのライブがある
仕事か表現かどちらか一方にしたいものだが
親の財産もなくて 道楽だけしていては生きていけない

今日は原稿を一本は書き終えるのが目標である
どこえも出かけず集中できれば良いが
いまブログの文を書きあげた
次は「明日は晴れ」の原稿を仕上げるぞ
おお・・・・・・・・右手を空につきあげる















[PR]
by juntyandes | 2005-11-17 22:52 | しんじつ恥かき日記

Time Road 丹羽さん追悼 ゲリラライブ

2005年12月4日(日曜日)
午後6:00から8:00
ライブ場所 阪急中津駅高架下倉庫通り
        「ピエロハーバー カフェ ロメオとジュリエット」前集合

出演者スタッフ
中宮竜善 福森慶之介 橘安純 清水芸人 後藤まさみ 仲市豊 おーまきちまき 野村アキ 山本公成 森定道弘 東野健一 宮本一 市居みか ダンシング義隆 やんじゃ 天野景子 三澤奈央 小泉ゆうすけ 虫丸 姫子 オケイ 菓子屋 仙石 せいかつサーカス 森西慎一郎 篠本 東 兼松 金田 清眞人 今野和代

最終打ち合わせ 11月25日 午後7時 ピエロハーバー 
[PR]
by juntyandes | 2005-11-10 22:51 | イベント情報

流れ星・人工衛星

2005年11月7日(月曜日)
今朝は4時前に、何時もいく冷蔵倉庫の仕事に行った。
4時30分頃に現場事務所のある埠頭に着いただろうか。
昨晩、雨が降ったこともあり、冷込みは少ない。
皆が寝ている室内に入らず表でシートをひいて大の字に横になった。
寝るつもりであったが、考え事をめぐらしているうちに寝れなくなった。

星が出ている。
外灯のせいだろうか少しだけ闇がうすい。
考えごとをしていると、流れ星だ。
流れ星がパッと消えた。
天頂を見つめていると星が一直線に進む、等速度で天空を通過する。
人工衛星だろうか。
旅客機なら翼の先の灯りが点滅しているだろうし。
そんな光が天頂を全く別の方向に三度通過した。
流れ星は二度見た。

何度もこの埠頭で仕事始まりの8時を待ながら、星空を眺めたはずであるが、
初めての経験である。
今まで星に焦点を合わせていなかったのだろうか、こんな短時間に人工衛星や流れ星を見られ、見つめれば何時も見られるものだろうか。
[PR]
by juntyandes | 2005-11-10 22:31 |

しんじつ恥かき日記005

2005年10月30日
昨晩とても行きたいイベントがあり、しかしながら金がない。
所持金2507円 入場料1500円プラスドリンク500円だったと思う。
しかも場所が京都である。
しかたなく自転車で京都に行くことにした。

昨日、午前中は雨が降り続けた、出かけようとするとまたポチポチ降った。
まあ天気予報が晴れるというので、雨にかままわず昼の2時10分に出発した。
勝山通りから大阪内環状線で淀川まで行き、それから左岸の土手をを枚方まで行った。
そこから枚方大橋をわたり国道170線、171線で京都入った。

京都・五条大橋には暗くなった7時30分に着く。道中でも食べたが、ここで自分で作って持ってきたおにぎり、味噌をぬったおにぎりを食べた。
それから、まだ開演には早いので、準備していたとうり四条大橋の歩道上で「反戦アンダパンダン詩集」を詠んだ。
人通りは多かった。引っきりなしに通行していた。土曜日の晩で酔っ払いの集団もいた。詩の人目を引くようなフレーズをスケッチブックに書いて展示していたが、反応はなかった。それからKSWS(京都スポークンワードスラム)の会場に行く。
ドリンクも付いて1500円だった。
そのイベントが夜中を越して2時45分に終わった。
寒いこともあり、そのまま夜の街を自転車に乗り大阪に向けて走った。

夜が明け、淀川沿いの河川敷をのんびりとサイクリング
途中で横になって少し寝た。
せいたかあわだち草が黄色くすすけていた。
すすきが風にゆれている。
コスモスを植えている場所もある,ピンクやレットの間に白がちらばる。

金もないのに見たいと思ったら、行かないと済まなくなってしまった。
そんなら、もっと働け、このなまけもの。

なんとか苦労しながらARDATAで入力したものをPCに移せました。
ARDATAを使いこなせばスケジュール管理もできるしありがとう。








[PR]
by juntyandes | 2005-11-04 14:10

緊急告知11月5日朗読します。

釜ヶ崎でライブの運営などをやってきた、丹羽純生さんが9・28に亡くなられました。
仙石さんが中心になり、以下のようにライブを行うそうです。
私も今年なくなった知り合いたちの事を思い話をさせてもらいます。
ゆるい会らしく、会場費を出演者で等分するという話もありますが、無料、出演順など決まっていないそうで、当日会場で・・・・

にわさんを思う夕べ
11月5日(土曜日)
午後14:00 から 午後21:00 ぐらい
場所 地下鉄今里から 歩いていく「かんこくキリスト教会・KCC会館」
[PR]
by juntyandes | 2005-11-03 09:17