<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

新宿西口地下反戦意思表示 1月14日

東京に行く時は土曜日をはさむ予定にして、ここに参加することにしています。
毎週土曜日夜6時から7時まで、パネルやポスターを掲げ意思表示しています。
隣にいるのは大木晴子さん中心で動いている人です。
明日も晴れ 大木晴子のページ http://www.seiko-jiro.net/
b0045850_5113517.jpg

[PR]
by juntyandes | 2006-01-21 05:13

2月11日朗読します。

箱男になります。中編力作新作初朗読します。


◆2/11(土)
「建国記念の日なんてぶっとばせ!」 のえプロデュース ナイト
2006年2月11日(土・祝)
P.P.P.P.C.B.N.cocoroom booking night
16:30open 17:00start 1500円+ドリンク代¥500
★のえ(うつのうたうたい)
★橘安純(路上詩人)
http://hexageon.cool.ne.jp/ikiru/ikiru_index.html
★小林万里子(浪花のジャニス・ジョップリン)
http://8518.teacup.com/hippo/bbs
★ヘンリー松山(唄と波乗り)
★まちゅこけ(世界をチャーム)
★あうんさん・すうじい(バンジョーひき語

やる場所 フェスティバルゲート4F ココルーム
ア ク セ ス
地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」5番出口直結
大阪市営バス「地下鉄動物園前停留所」すぐ
JR 環状線・関西線「新今宮駅」下車 徒歩すぐ
南海電鉄本線・高野線「新今宮駅」下車 徒歩5分
阪堺電軌鉄道「南霞町駅」下車 徒歩すぐ
駐車場(有料) 

特定非営利活動法人・こえとことばとこころの部屋
http://www.kanayo-net.com/cocoroom/
〒556-0002 大阪市浪速区恵美須東3丁目4番36号 
フェスティバルゲート4F
tel.06-6636-1612 / fax.tel.06-6636-1662
営業時間 12:00-22:30
[PR]
by juntyandes | 2006-01-19 06:36

靱・大阪城公園の仲間に強制排除せまる

以下、釜パトブログ http://kamapat.seesaa.net/より要旨転載


靱公園・大阪城公園の仲間に行政代執行による強制排除せまる!大阪市へ抗議の声を!

1月19日、大量の市職員(ゆとりとみどり振興局・建設局)が両公園に押しかけ、戒告書を持ってきました。
不在のテントには「テープでべたべた貼り付ける」といういやがらせ付き。
夕刊4紙(読売、産経、朝日、毎日)に載りました。

戒告期限は2006年1月23日。
その後、代執行令状の交付→おそらく数日以内に早朝からの強制排除、という流れです

●●●●抗議の声(1月17日) 釜パトブログより●●●● 
ゆとりとみどりへの意見フォーラムに抗議の言葉を書き、送りました。
怒りでいっぱいです。  名古屋市・50代女性

=========

抗議文
2006年1月17日
大阪市長 關淳一 殿
大阪市ゆとりとみどり振興局総務部管理課 課長殿
西部方面公園事務所 所長殿
東部方面公園事務所 所長殿

私たちアジア居住ネットワークは日本やアジア諸国の居住権について関心を持つ日本の専門家と市民のグループです。私たちはタイ・バンコクに事務局を置く「居住権のためのアジア連合」(ACHR : Asian Coalition for Housing Rights)とともに活動しています。この連合は、国連の諮問資格を持つ国際ハビタット連合のアジア代表を務めています。

現在、靭公園並びに大阪城公園居住の「ホームレス」・野宿を強いられる人たちへ「行政代執行法」による強制排除の手続きが行われていることは大変遺憾であり、厳重に抗議いたします。これらの行為は2002年8月7日に成立した「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」および同法成立に際しての衆議院厚生労働委員会決議に明示された精神に反するもので、実質的なホームレスの締め出しです。私たちのグループは、これら一連の出来事が「国際都市・大阪」でおこっていることを深く憂慮します。

また、1996年、トルコ・イスタンブールで開かれた国連人間居住会議(ハビタットII)そして世界都市・地方自治体会議でも、居住権は人間の基本的権利であると認められています。日本政府を含む全会一致で採択されたハビタットアジェンダでは「すべての人が適切な住まいを、すなわち健康で安全で権利を保障され、入手しやすく、賄える範囲にあり、基本的なサービスや利便が整えられた住居を有し、そして居住差別からの自由と保有条件の法的保護を享受する」とされています。また、日本政府も批准した国際人権規約に公的解釈を与える国連社会権規約委員会「一般的意見7(強制立ち退き)」の第17段落は、次のように述べています。「立ち退きによって個人がホームレスになり、人権を蹂躙されるようなことがあってはならない。また立ち退きの犠牲者が自分の力によって必要な手段をとることができない場合には、国家側はすべての適切な手段、そしてありうる資材を用いて、代替住宅、再定住、生産可能な土地などそのケースに適した援助を確実に行わなければならない。」
 
大阪市は実質的な締め出しや立ち退きを強制するのではなく、むしろ野宿を強いられている人達に対し、彼らの居住権・人権を尊重した対応を行うべきではないでしょうか。それが国際都市・大阪として恥ずかしくない誠実な対応ではないでしょうか。
「行政代執行法」による強制排除は、「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」並びに「国連規約」の精神に違反するものです。私たちは大阪市が居住権を尊重するという国際的な潮流に沿った形でこの問題に関わるよう、次の4点を要求します。

1.行政代執行に伴う強制排除の中止。
2.当事者との直接対話・話し合い。
 3.適正なシェルターの保障。
4.自立支援のための労働の提供。特に高齢者でも就労可能な労働機会の提供。

大阪市の真摯な対応を期待しております。

アジア居住ネットワーク(ACHR TOKYO)

=========

「大阪の野宿者排除政策に抗議します。排除ではなく支援を!!」

=========

靱公園の野宿者強制排除を中止してください!!

 市民の声に基づき、野宿者の排除を行おうということらしいですが、その「市民」には、屋根のある家もあるのでしょうし、ご飯に困ることもないのでしょう。それと比べたら、話にならない劣悪な状況で、それでも生きようとする人々の最後の拠り所を奪っていいのでしょうか。役所としては難しいところでしょうが、「市民」に「おっしゃることはわかるが、生きるか死ぬかぎりぎりの所にいる人の居所を、容赦なく奪うことは控えたい」と言えませんか。あなた達が「ゆとり」の振興局だというのなら、そのぐらいのゆとりはあっていいのではないですか。人の命よりも、自分たちの美しい風景を優先させる「市民」の声だけが市民の声だとは思わないでください。
●●●●抗議の声(1月17日) 釜パトブログより●●●● 
[PR]
by juntyandes | 2006-01-19 05:58

15日 大変なことに  でもなかった。

15日の代々木の朗読会大変なことになりそう。
    「俊読」参加した詩人が大挙(おおげさ)来そうだし、
    私の知人を何名か顔を出しそうだし
    大変だ大変だ
    場所整備して椅子をイベント屋に借りておかなくては


予定していた詩人こず。
私の知り合いは一人きたが、それも主催者の知り合いでもあり・・・・
一時は詩人の○○さんも来るということで私も緊張していたが・・・・・
上田かなよさんと私の二名の詩人が集まった。
てつオさんと美佐子さんと他のお客さんが即興の朗読をした。
[PR]
by juntyandes | 2006-01-15 00:23

エノアールCAFA

エノアールCAFAは代々木公園のブルーテント村の中にある非公認のカフェです。
お金は頂いていません。お茶代として、何かをもってきてもらう物々交換です。(何でもよいです!)
営業時間 昼から日暮れ 雨天閉店

毎週火曜日午後1時から「絵を描く会」をやっています。(画材は用意します。)お気軽にご参加下さい。

ホームレス文化 http://yukuri.exblog.jp/
[PR]
by juntyandes | 2006-01-14 02:50

谷川俊太郎を見に東京へ

1月13日 朝大阪出発 日本新聞博物館(横浜)調べもの 
1月14日 新宿西口地下反戦意思表示参加 PM6:00
       渋谷クロコダイル 俊読聴きに行く PM8:00
1月15日 日雇全協総決起集会 山谷玉姫公園 AM10:00
       代々木公園エノアール朗読 PM1:00
       西荻窪奇聞屋 朗読引かせ王選手権 聞きに行く(?) PM6:30
1月16日 高円寺無音無善寺らいぶ飛び入り予定(?) PM7:00 
       晩に「快速ながら」で帰ります。
                  【委細、前に書いたブログ「こんど東京にいきます」参照】

1月12日(木)
明日から東京へ行く。
谷川俊太郎もでる「俊読」という朗読会を見に行くのと、
参加したかったけど応募が遅く見るだけになってしまった「朗読引かせ王選手権を聞くためだ。

今年に入ってまだ仕事に行っていない。
就労拒否症になり、まだ米もあるのに仕事なんか行くことない、この寒いのに・・・・ただの「なまけぐせ」なのだが、
自業自得で資金に余裕のない東京行きになる。缶コーヒー飲まないようにしないと、計算して使わないと・・・
青春18きっぷはあるので交通費には困らないが・・・・・

1月13日
昨晩、原稿料の前払いが入った。
それだけで、たいした経済的な余裕になった。
夜中じゅう荷造りした。急に朗読することになり持っていく物が増えた。
朗読の原稿も移動中に作るつもりだ。
とうとう一睡もできずに4時ごろから自転車で大阪駅に向かった。
大阪駅始発、5時発の京都行きに乗る。

普通を乗りついて午後2時7分に横浜駅に着く。
横浜新聞博物館の新聞ライブラリーで調べものをする。
それから寿生活館四階の職員と懇談し「寿支援者交流会」の冊子をもらう。
横浜伊勢崎町の地下街などには野宿者の姿が見える。
中村川沿いには道路との狭い間にブルーテントが並ぶ。
公園からは排除されたが、人々の前からは消えない。

1月14日
昨晩は上野のインターンネットカフェに泊まった。
上野公園の大噴水に面した椅子に座り、詩の構成を考える。
この辺りの野宿テント前に比べ、少ないのはもちろんだが、ガッチリした小屋がなくなった。
公園当局の「テントをたたんで下さい」に答えたような、木と木にロープを張って、それにブルーシートをかけたようなテントが多い。
それから隅田川沿いを見た。吾妻橋付近では堤防ないのテラスからテントが排除され植木鉢などが置かれていた。
その後代々木公園に行く、その頃から雨が降り出した本降りである。
[PR]
by juntyandes | 2006-01-12 22:29

最新の朗読予定

◆2/11(土)
のえ プロデュース
P.P.P.P.C.B.N.cocoroom booking night


16:30open 17:00start 1500円+1d

橘安純
まちゅこけ
あうんさん・すうじい
小林万理子
ヘンリー松山
のえ
[PR]
by juntyandes | 2006-01-12 21:57

初めての自宅公表

b0045850_337333.jpg
大阪の天王寺公園,ちょうど動物園の入り口方面から階段をあがり,美術館へ行く通路上に私の家がある。











二年ぐらい前の入り口のようす。「星条旗 地球さいずの影おとす 婆」
動物園へ学級単位で行く子供たちが「せ ん そ う は ん た い」と読んでくれる。
b0045850_342068.jpg

[PR]
by juntyandes | 2006-01-08 03:44

新宿西口地下反戦意思表示

いつも情報を送ってくれる加藤千代さんがこんな写真を送ってくれました。
私も東京に行くときは顔をだす、新宿西口地下反戦意思表示(毎週土曜日夜6時から1時間)の様子です。
毎週続けられていることに驚かされます。この集まりは会うと元気になる大木晴子(おおきせいこ)さんが呼びかけています。
明日も晴れ 大木晴子のページ  http://www.seiko-jiro.net/

加藤千代さんは最近、ナチス時代を描いたドイツ映画の主演女優にインタビューした記事を書きました。
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』という題名の映画で、これは実話 です。ナチス政権に対して、非暴力のレジスタンスを行い、処刑された若者たち、「白バラ」のことを描いた映画です。このインタビューは映画雑誌「シネ・フロント」1月号に載せられます。
以下加藤さんのメールから
『ナチスの弾圧の様子を知れば知るほど、最近の妙法寺のお坊さんの逮捕、立川自衛隊官舎ポスティング有罪判決などが、重なって見えてきて、怖くなります。ナチ時代の再来とならないよう、そこまでひどくならない前に、なんとか暴走を食い止めたいものです。』
シネ・フロント(映画雑誌) http://cine-front.co.jp/
キネティック(映画配給会社 映画のストーリー、スチール写真などが紹介されています)
http://www.shirobaranoinori.com
白バラの庭(白バラについて紹介したHP。参考文献も載っています)
http://www.weisserose.vis.ne.jp/

b0045850_3103358.jpg

[PR]
by juntyandes | 2006-01-08 02:28

冷蔵庫に住む正月

1月3日やっと寒さになれてきて行動することができるようになった。今までは死んでいた。それでこの文章を綴っている。

年末の思わぬ冷込みに、寝床の中でも震えていた。いくら厚着しても寒気が襲う。
歯が上手く使えないこともあり、食欲もあまりなかった。
組みたて式のベットに寝袋を三枚重ねて寝ていたが、それでも夜明けには足元が寒い。
それで寝袋の下に上半身用のマットをひき、今まで使っていなかった夏用の薄い寝袋も重ねて使うことにした。さらに昨日貰った毛布を寝袋の上に掛けた。

萩ノ茶屋の露店でデジタルカメラを買った。調子悪いと思っていたが、気温が低いことが原因だと判明し「ホカロン」で暖めながら使うことにして調子が良い。
ミロさんに中古だったらデジカメ安く買えると言われ、さっそく金のあるうちにコンパクトなデジカメを五千円で買った。でも動作が不確実でなかなか電源が正しく入らない電池が消耗したのかと思って新しいのと変えると、そのときは電源が正しく入るが、すぐ動作しなくなった。説明書には「使用条件 0度から40度C]とあった。
撮ることは自由にできるようになった。ブログにUPしたいが、なかなかできない。

元旦の夜、西成三角公園で朗読をした。体調悪かったので直前までベンチコート等で厚着していて、半分やる気なかった。Eさんがわざわざ私を探し出し三角公園に行く。控え室を用意してくれて、ストーブに当たらしてもらう。
30分の持ち時間、まずいままで朗読していなかった、寄場や日雇に関して自嘲気味の短い作品を次々に詠んだ。(外向けには詠もうとは思わない作品)同意してもらえた所もあり、反発もあり、よい反響であった。それだけで「あと10分」の指示がでた。そのあと、いつもやっている「僕らはみんな生きている」の連作を朗読した。
この前夏祭りの時、「野宿無情襲撃」を長々朗読して、反感を食らったが今回の形の方が受け入れてもらえそうだ。
[PR]
by juntyandes | 2006-01-05 11:30