<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

8月12日しでかすカラダ

Dance&People チャレンジシアター VOL..1

しでかすカラダ 
この度、発表を目的としたソロダンス創作ワークショップを経て、見える人、見えない人、
見えにくい人、ダンサーもダンス未経験者も、6名がソロパフォーマンスに挑みます。
何をしでかすやら、カラダの解放区!  視覚・聴覚・触覚・振動・声・言葉・イメージ・・・・・・
お客さま自身のそれぞれのカラダで味わっていただけると幸いです。
夏、真っ盛りの「しでかすカラダ」に、是非お越し下さい!
    
◇日時:2006/8/12 (土)開演午後2時~、午後6時~ 各回開場:30分前、整理券発行:45分前予定   
◇会場:生野カトリック教会内 会議室・他 *(大阪市生野区田島1-16-10) 
バス停「巽北一丁目」より徒歩1分。バス停「大池橋」より徒歩8分。地下鉄千日前線「北巽」○3出口より徒歩15分。
◇料金:投げ銭 制
◇出演:橘 安純 、中島由美子 、藤井陽子 、藤原理恵子 、森川万葉 、吉田一光 
◇創作ワークショップナビゲーター:伴戸千雅子 、エメ スズキ ◆生音:山本雅史  
◇お申し込み方法:8/10頃までに下記まで電話・ファクス・メールでご予約下さい。(お名前・電話番号・アドレスご希望の回・人数をお知らせ下さい)予約なしのご来場も歓迎ですが、予約の方優先となりますのでご了承下さい。
○ご予約・お問合せ先:Dance&People事務局(五島)T/F 075―802-9060 
当日連絡先090-1155-8867 E-MAIL d-a-p@muse.ocn.ne.jp  http://blogs.dion.ne.jp/rieko_dance/(詳細情報)

●目の見えない人が3人参加しています。視覚障害者のダンスを応援してください。
●2005年3月 尼崎ピッコロシァターで行なわれたダンスパホォーマンス「見えるひと見えないひと見えにくい人見えすぎるひと」を見た人へ
◎伴戸さんが演出したパホォーマンス1では現在記憶に残っているのは花嵐のニイユミコさんと森川万葉さんの踊りだけです。万葉さんは知的障害していのある視覚障害者でダンサーのニイユミコさんと絡んだ動きは独特でとても可愛いかったです。
今、万葉さんと一緒にワークショップますが、万葉さんが音楽に合わせて体を動かしているのを横で見ていると、こっちも楽しくなって微笑んでいるのです。その万葉がこんどはソロで踊ります。
今回踊る吉田一光さんもパホォーマンス1で一緒に踊っていたはずですが、私は少しも覚えていません。
◎エメさんが演出したパホォーマンス2は「ちゃぶ台」を囲んでの家族四人の踊りでした。私はこの舞台では箸で茶碗をたたいて音を出したことと、視覚障害者の演技の途中に照明が消え暗闇になったことを、その時はこれはダンスかなと思いました。後から色々と考えさせられました。視覚障害者の演者と観客がいたということを改めてきずかされ、それとダンスとの係わり考えさせられました。
家族の娘役をしていた藤井陽子さんは、あれ以来ダンスを続けていて、今回自分で作ったソロダンスを踊ります。私にとって「眼が見えないのに踊る」ということは理解できないことです。だって見て素適だと思えたり、動きを真似したりできないんだもの。それで踊っている陽子さんに注目していたら、いつの間にか私も踊ることになっていました。
[PR]
by juntyandes | 2006-07-23 17:21

8月12日ダンスします。

朗読の力の無さを自覚しはじめた私ですが。
懲りずに、今度はいろんなつながりからダンスをするはめになりました。合掌

速報
創作ソロダンスパホォーマンス しでかすカラダ
Dance and PeopleチャレンジシアターVOL.1
2006年8月12日(土曜日) 午後2時、午後6時 開場30分前(時間は予定)
会場 生野カトリック教会の敷地内(生野区田島1-16ー10)
料金 カンパ制
[PR]
by juntyandes | 2006-07-15 23:34