詩のボクシング奈良大会 初戦敗退 相手は準優勝 すると私は銅メダル?

●イベント終わってほっと一息つきたいところだが、大会前には優勝したらどう辞退しようかと思っていたので、初戦で負けてガックリしてどんどん落ち込んでいる。
元々、他人と付き合うこととか大勢の人の中にいるよりも、一人でいる方が楽で、無理して背伸びしてカッコつけて社交してしまった反動が現れてきた。根暗で鬱気質の私である。

●詩のボクシングに始めて参加した。今年初頭に昨年の詩のボクシング全国大会をNHKで見たことがあった。しかし私など出られないと思っていたが、Aさんに一緒に出ないかと誘われて最初は付き合いのつもりだったが、そのうち本気になってきた。
奈良予選(大阪大会はすでに終わっていた)が6月3日にあった。予選は詩のボクシング主催の楠かつのりさんが一人で選考にあたった。楠さんは一人一人に論評した。「使い回された言葉ではなく自分の表現で・・・(というような内容のことを言ったような・・・・うる覚えの三週間前の記憶)」とか「座って朗読すると本人が落ち着いてしまって観客によく伝わらない(カッコ内 同上)とか本選でより良く朗読できるようにとの言葉であった。
予選の時、私は「うんうんはう」という言葉遊びの早口でまくしたてる作品を朗読した。楠さんは私のテキストには何も言及せずパホーマンスというよりもキャラクターを認めてくれたようだ。楠さんは「何ものか?」「子供のように・・・」と言われ、私の講評以外の時にも私たちについて言及してくれて、私は少しいい気になっていた。
決勝戦まで四本の作品が必要だが(敗者復活戦を入れると五本)私は三分間の作品を八本まとめ、朗読の練習を日夜おこなった。決勝戦までのトークのイメージトレーニングをした。
Uさんに朗読を聞いてもらうと、Uさんは「負けたら審査員が悪いのよ」と言われた。いよいよ私は優勝したらどうしようかと考え始め、そのことを公言する様になった。

●6月24日奈良大会本選で華奴(はなやっこ)さんと初戦を闘うことになった。
予選は五人ずつ並ばされ、次々と朗読していった。その時、私は最後に朗読したが華奴さんは同じ組の二つ前だったと思う。私は華奴さんの朗読はほとんど耳に残らず、後の楠さんの講評で短歌だということだけ分かった。
私は本選前にもし華奴さんと当たったら句で対抗しようと思っていたので本選前の抽選で対戦すると決まった時から「野宿生活秋から冬へ」を詠むと決めた。他の作品は詩の形をとっていて、この作品だけが句の作品だった。
初戦の舞台に上がる。私が先攻である。「相手が華奴さんになったので決勝戦に準備した作品を詠みます。・・・・・・・え--時間がない(言いよどみ、頭を手で打つ、ここで若干笑い)私はある公園で小屋を建てて野宿生活をしています」という前振りしてから「野宿生活 秋から冬へ」という句の作品を動きを入れて詠んだ。
この時、前振りで言ったことは、単に相手が短歌の人なので私も対抗して句の作品にしたということで、その時は相手が強敵、優勝候補であることは全く分からなかった。
華奴さんが短歌を歌い、審査員5対2で私が負けた。
華奴さんの舞台はシンプルだ左手にテキストを持って、大きな動きはせずに淡々と」歌うのみだ。
勝ち抜くごとに目先を変えて違うパホォーマンスをする人もいた。そう言えば優勝した松本さんも基本的には同じパホォーマンスを続けていた。
私は初戦敗退で燃焼しきれず。気持ち定まらず、華奴さんの短歌を鑑賞できなかったが、華奴さんは圧等的なジャッジの支持で勝ち抜いて行った。

●優勝者松本きりりさんは今年三重大会で優勝できず奈良大会に再度挑戦したそうで、以前には全国大会にも出場していたらしい。
予選のとき松本さんに私が思ったことは「流れるような台詞まわしと、それにあった軽い動き」それが、どうにいっていて、私にはそれが鼻について私はよい感情は覚えなかった。テキスト内容についても、ほとんど私の頭の中には残らなかった。本選の時も予選と同様な朗読をしていた。ただ見ていて気になったのは、その台詞まわしとその動きの滑らかさに比べて、テキストを見ている視線が長いのが気になった。

●予選で使った作品を二回戦で使った人がいた。一回戦では、みんな予選で朗読した作品を使わなかったのではないか?
初戦で敗退した人で、もっと聞きたかった人が一匹猪さんと杏さだ子さんだ。両者とも予選の作品を朗読していれば初戦通過したかもしれないと私は思った。

●一日おいて後から考えると、予想され期待された人が決勝まで言ったと思うようになった。
笑をさそったり、パホォーマンスだったりキャラクターそのものがひかる人はあったが、作品の文学的水準の高さは決勝に残った二人は秀でていた様で、予選の時にそんなこと感じとれなかっいた私は馬鹿であった。

●最近、私は笑を求めたり言葉あそびを追及したりテキストの内容よりも、仲間内で面白いことを書く傾向が強くなっている。よくない。
[PR]
# by juntyandes | 2006-06-26 23:25

朗読より、おもしろい詩のボクシング

詩のボクシング 奈良大会 6月24日(委細、本文あと)

●今まで数少ないけど、詩の朗読会を観客として朗読者として見てきた。
東京に行ったときは朗読の場を見つけては顔を出したけれど、私が行けた所は同じような顔ぶれで、仲間内という感じがした。朗読する詩に新鮮な感覚を受けたことはなかった。朗読の場はとても小さいのかもしれない。

●楠かつのりさんの主催している「詩のボクシング」はそうゆう「朗読の場」に普段関わっている人以外の一般の人をも集めている。そこがおもしろい。
詩のボクシングの今年の奈良大会の予選に出た。予選は楠さん一人で審査していて、私が落ちたかなと思っていた人が予選を通過していた。詩の朗読に慣れている人が「心が通じない、具体的な表現で・・・・」と講評され落ちていた。
後から審査の事を考えると、楠さんは一人一人に講評しながら、より良くするための朗読の方法を話されていた。選ばれたのは予選段階での朗読の良し悪しではなく本選の時に個性を発揮できる人を選んでいたように思える。
とにかく個性のある人というのが一番重要な選考の要件のような気がする。今までの私が思っていた。朗読のイメージに近い人は少ない。
私がその個性の最たるものかもしれない。楠さんは私が朗読したテキストの内容などはかまわず。56歳のおっちゃんが、はずかしげもなく楽しく朗読するパホーマンス自体を気にいってくれたようだ。

●奈良本選に出る人には「詩のボクシング」三重大会で優勝できなかった人もいて、勝ち抜く事を目標にしている人もいるかもしれない。
私は楽しんでやるつもりで他人を蹴落とそうなんとは思わないけれど、一応決勝までの朗読順番など考えている。特定の人と対決したときの作品を準備した、その作品を読める機会がめぐってきたら私の本望で、もう思い残すことはないなんてネ・・・・

詩のボクシング 奈良大会 
2006年6月24日(土) 13時から
奈良100年会館中ホール(JR奈良駅すぐ)
社会人1000円 学生500円
詩のボクシング公式サイト http://www.asahi-net.or.jp/~DM1K-KSNK/bout.htm
奈良100年会館       http://www.nara100.com/acs.html
[PR]
# by juntyandes | 2006-06-15 21:24

都合つけば来てください。

「しでかすカラダ オープンダンスワークショップ」0
日時  2006.6.25(日) 14:00~16:00
場所  尼崎市 小田地区会館(大会議室) 
    (JR尼崎駅より、南へ徒歩10分 地区会館 06-6488-2574)
参加費 1500円 ナビゲイター エメスズキ
対象  主に高校生以上、視覚障害、その他障害をもっている方、障害のない方、介護に関わる方等・・・
主催  Dance&People
申し込み Dance&People tel 075-802-9060
e-mail d-a-p@muse.ocn.ne.jp
[PR]
# by juntyandes | 2006-06-06 14:55

6月24日詩のボクシング奈良大会 出場

詩のボクシング 奈良大会 に出場することになりました。
2006年6月24日(土) 13時から
奈良100年会館中ホール(JR奈良駅すぐ)
社会人1000円 学生500円

杏さだ子さんに誘われ詩のボクシング予選(6月3日)にでた。二人ともベスト16に残り上記の本選に出ることになった。
詩のボクシング公式サイト http://www.asahi-net.or.jp/~DM1K-KSNK/bout.htm
奈良100年会館       http://www.nara100.com/acs.html
[PR]
# by juntyandes | 2006-06-04 04:20

どたんば やけくそ 最後になるか飛翔するか 5・20釜ヶ崎フェスタ 

夏には生活を変えなければなるいません。
これが最後のイベントになるか・・・もしれません。
もしかするrと 帰るあてのない四国遍路はじめるかもしれまsぜん。
余命宣告されながら、退院めざしアパートを借りる人がいます。

さて私は余命宣告されていませんが、生活の基盤ちかく変化します。
もともと人生のテーマとして「より人民の中に」としています。
「より底辺の中に」とも言えます。

居直ります。詩が出てこなければトークでつなぎます。
飛翔するか、あきれられるか、とにかく私のターニングポイント 期待して下さい。


5月20日
確か2時から
リバティ大阪(大阪人権博物館)
「釜ヶ崎フェスタ2006 ~紙芝居・ピアノ・詩の魅力~」
で詩の朗読パホォーマンスします。
http://www.liberty.or.jp/plan_exhibit/2006-5-20.html

[PR]
# by juntyandes | 2006-05-18 20:01

5月5日西成三角公園にて朗読

そおいえば 明日 地元西成萩之茶屋の三角公園で なんとか(よってけ祭り・・・だったかな)というライブがあり、朗読することになっていた。2時50分ごろから20分間の予定

5月12日にはクレオ大阪で朗読

5月20日はリバティ大阪の「釜ヶ崎フェスタ2006 ~紙芝居・ピアノ・詩の魅力~」でパホォーマンス
http://www.liberty.or.jp/plan_exhibit/2006-5-20.html
[PR]
# by juntyandes | 2006-05-04 20:44

東本願寺「仏教と反戦」5月7日まで

5月7日まで 京都 東本願寺
第7回非戦・平和展 仏教と非戦 いま、念仏者として
に行ってきた。

緊縮政策発令のはずだった、黄金週間で仕事は行けないし、収入なくて借金生活、切り詰めて生活していかなければ、私の明日はこないのだ!
昨日、京都からわざわざ私の天王寺の邸宅にいらっしゃつた某氏が、邸宅前の掲示板に貼ってあった催しにぜひ行きたいと言う。
東本願寺での「仏教と反戦」という催しで、私も行くつもりであったが経済的理由で行くのをあきらめていた。
しかし某氏に先を越されては悔しいので急きょ本日、東本願寺に行くことにした。
しかし、それだけで行って帰るのは悔しいので、他に京都で行くところはないかと考えた。
それで「立命館国際平和ミュジアム」に行くことにした。もしかしたら、そこで尹東柱(ユンドンジュ)のことを知ることができるかもしれない。

東本願寺に始めて入る。修復のため御影堂はすっぽり全体を覆われている。と呼ばれる親鸞の像は阿弥陀堂に鎮座していた。明治時代に再建された木造の建物で太い柱、高い天井と、薄暗く外の暑さを忘れ冷気さえ感じられる。いい雰囲気で時間を過ごした。
「仏教と反戦」という催しを見たかった一つの理由は、和歌山新宮在の高木顕明のことを知りたかったからだ。
無くなった私の知り合いが彼のことを思い、顕明という戒名を付けていたので彼のことを知りたいと思った。
この催しで大谷派(東本願寺)だけではなく曹洞宗、日本基督教団、全日本宗教平和会議などの戦中の自己批判、不戦決議の文章を興味をもって見た。花岡事件の生存者の証言と展示は胸を打たれた。

その後、「立命館国際平和ミュジアム」へ行ったが休館であった。月曜休み祝日の場合は翌日休み、と書いてあって祝日は会館のはずだが、なぜなんだ・・・・
満員のバスに乗る気になれず、そのまま東に歩き「出町柳」まで歩き大阪に帰った。
[PR]
# by juntyandes | 2006-05-04 20:22

仕事いかれず腹すかす人々

所持金希少 来週まで現金仕事(日雇)に行ける可能性はないし、
始末していたが 勢いで酒をささやかに奢るつもりになった。

そうしたら A氏は酒よりもタバコが良いといった。
B氏は 少しビールを飲んで 腹が一杯でもう飲めないという。
両氏とも食わず食わずの状態で 後ろから押したら そのままコケテしまいそうで、
病気でもしたら そのまま 死んでもしまいそうだと 周りの人は話している。

A氏は三月まで 釜ヶ崎の高齢者のための清掃の仕事に行って生活していた。
かってはアルミ缶を集めていたが 体が辛いので最近はアルミ缶集めはできないらしい。
月に2,3回ある清掃の仕事だけで生活していた。
今年度から清掃の仕事の登録が厳しくなり年齢などを再確認することになった。
A氏は三年前に年をごまかして(55歳になっていないのに55歳だといって)登録していたため、
清掃の仕事の更新ができなくなった。
現金収入なくなり A氏は炊き出しだけが 命の綱らしい。

でも A氏は何とも私にも 誰にもいわない。
それなりに 状況を受け入れているようだ。
そうだ このまえA氏は 「救急車よんでも 栄養失調で点滴うたれて そのまま返されるだけだから」と言っていた。

B氏は風貌から言っても 誰からも「生活保護を受ければよいのに」と何時も言われている。
何年も前から A氏はカンパ生活で暮らしている。
かっては団地などへの畳の搬入の仕事をしてい昔の仕事仲間がて、その時は仕事から帰ると 皆に奢って振舞っていた。
それで失職直後には 日雇失業保険を貰いに来る昔の仕事仲間を待っていて その仲間のカンパを当てにしていた。
以前は 賭け将棋で小遣いを稼いでいた。しかし今は相手してくれる人がいなくなった。将棋が強いことが知れわたったのだ。

でB氏はこんなことを言った。「酒を奢ってくれる人はあるが、飯は奢ってくれない 今日は持ちきれないといってご夫人からパンをもらった」

あまり優しくない私がいる。
分かっていながら「おもいやり」かけられずに、
知らないふりを通す。

今 隣に居候が居て その人と一緒に食事している。
私が炊事して 食わしている状態だが、
始末した生活をしていると居候には思わせて、
私だけ缶コーヒーを飲んだりしている。

あまり優しくない私がいる。
あの人だけには優しくできるのだが。
 
[PR]
# by juntyandes | 2006-05-02 23:47

過去発表の詩作品など

仕事の詩
http://ikiteikite.exblog.jp/m2005-03-01/
どっこい生きてる なまけもの等
http://ikiteikite.exblog.jp/m2005-07-01/
パホーマンスで社会との関わりを作る
http://ikiteikite.exblog.jp/m2005-11-01/
野宿生活で表現したい色んなこと
http://ikiteikite.exblog.jp/m2005-12-01/
[PR]
# by juntyandes | 2006-04-25 15:15

5月20日箱男あばれ・・・

リバティサロン 釜ヶ崎フェスタ2006
~紙芝居・ピアノ・詩の魅力~

釜ヶ崎を拠点に活動する人々の多様な生き方に焦点をあて、紙芝居やピアノ、詩などの文化活動を通して野宿問題を考える。

日時   2006年5月20日(土曜日)午後2時から
会場   リバティホール (大阪人権博物館
出演者  むすび  合田清  橘安純

料金   参加費:大人1,000円 大高生900円 中学生以下・65歳以上の人・障害者(介助者含む)750円  リバティカードの会員割引あり

定員   275名(当日先着順)
お問い合せ  電話番号 06-6561-7173  ファックス 06-6561-3572
[PR]
# by juntyandes | 2006-04-05 00:58