通天閣あおいで お茶を飲む会 ③10月1日報告

差し入れ3件 訪問者7人

朝から雨が降りだした。昨晩の予報では夕刻からのはずであったが?
今日のお茶会には人が来ないのではないかと隣人と話していた。

雨が降る中、一時には「上田(かなよ)さんの紹介で来ました。初対面の富田さんという青年が来た。詩の学校に通っているという。
小屋と小屋との間に」ビニールを張って雨よけにした、小さなスペースで男ばかりの4人のお茶会が始まった。

全身赤で装い(カッコイイ)ゴルフ場で使うような大きな赤い傘をさして、Sさんが来る。「お茶を飲みませんか」と言ったが、差し入れを置いて去って行った。
Sさんは生活保護を受けているが、ガス電気は滞納で止められたままで、ろうそく生活をしている。今日はりんご、バナナと袋菓子を二つ差し入れてくれた。日ごろ差し入れは一心寺のお供えのお下がりだと言っている。

先週も来てくれた谷川さんもきてくれた。私は「雨にかかわる詩」を朗読した。
舞台は小屋の前の台車にくくりつけた傘の下だった。おそらく動物園や新世界に向かうだろう通行人に向けて声を出す。
その後、谷川さんのキーボードと私のホースやアルミ缶のセッションになった。私が歌を唄い出すと、谷川さんが「死んだ男の残したものは」を唄ってくれた。

富田さんもふり向かない通行人にむけて詩の朗読をした。日常の中のちょっとした出来事を詩にしている。

暗くなってから、先日私に食糧の差し入れをしてくれたKさんが来たので野宿仲間も入れて四人で共同炊事した。ラーメンライス、缶詰二個付きのメニューだった。野宿仲間の一人は野菜を入れるとおいしいねとラーメンの味を評した
            
[PR]
by juntyandes | 2006-10-04 10:31
<< 通天閣あおいで お茶を飲む会 まだ天王寺公園にいる。 >>